クロネコBB&グルテンフリーライフ

カテゴリ:ネコの不思議( 3 )

不思議な猫のはなし その3 (猫仙人)

不思議な猫のはなし その1
不思議な猫のはなし その2

a0280185_11283910.jpg



あれから数年後、猫の事は気になりつつも引っ越しが多かったのもあり飼うまでに到らず。そんなある日突然また猫の夢をみた。あの黒猫の夢以来かな?とにかく滅多にみる夢ではないのは確か。


〜ここから夢のはなし〜

夢の中で私は電車に乗っている。空の中の電車らしく、窓からは雲や山の頂上が見える。(中国映画に出て来そうな、細長〜く空まで届きそうな山々)どうやら、一番奥の山に住む猫仙人に会いに行くらしい。ドキドキ、ワクワク、数年振りにやっと会えると思ってとにかく嬉しくてそわそわしていた。

はるばる長旅を終えて終点に着くと、目の前には真っ白な猫仙人。この山々全ての支配人て感じ。

やっと会えた〜〜!!と、とにかく嬉しくて目の前に居るのが嘘のようで、、喜びに浸るのも束の間。仙人から帰り道の切符を渡された。

「え?やっと会えたのに、帰るつもりなんてないんだけど。どちらにしても、そんなに早く帰りたくない!!」と言ったら、

「この切符はお前の為だけに特別に作られたもので、破棄する事はできない。無効にする事も捨てる事もできないが、唯一この切符を消す方法としては、わたし(猫仙人)が一緒に消える事だ。」と言われた。

やっと会えたのにすぐ帰るなんて悲しすぎるけど、仙人が消えるなんてもっと悲しすぎる!もし消えずにここにずっと居てくれたら、また会いに来る事もできるかもしれないし、、、 と動揺する心に言い聞かせて泣く泣く帰りの電車に乗る。

〜夢終わり〜

夢から覚めると本当に悲しくて悲しくて泣いていた。悲しい気持ち、寂しい気持ち、また会いたい気持ち、などがすごくリアルで、「これはただの夢ではない!」と思わざるえをえない程。実際に会った事がないのに、なんでここまで鮮明に感じるのか、不思議で不思議で!それからず〜っと何年経ってもこの夢の事は忘れられないし、その時の気持ちまで全部リアルに覚えている。

a0280185_1151127.jpg



にほんブログ村 猫ブログへ
↑ポチっと応援してね
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
↑こっちもポチってね
[PR]
by coconutdream | 2012-06-23 11:54 | ネコの不思議

不思議な猫のはなし その2

不思議な猫のはなし その1

(その1からの続き)


翌日、その猫がいるかなぁと思ってまたアパートのまわりを探してみるけど、やっぱりいない。一日経ってしまったし、もともと野良猫だから、そりゃいなくなるよなぁ。と思って諦めていた。

しばらくして、そろそろバイトの時間。バタバタと支度をしてアパートの駐車場に向かい、自分の車を開けようとしたら、、、


あのにゃんこが私の車のフロントタイヤの前に座っている!!


びっくり!! 偶然?たまたまそこに座っていたとは思えなくて、やっぱりどういう訳かその車が私のだってわかっていたみたい。しかもタイヤの前にじっと座って、まるで「行かないで」って言っているみたいに。

とは言っても、すぐに出発しないとバイトに遅れてしまうし、、とりあえず同居人に家にあったミルクを持ってきてもらい、車から離れた場所に誘導している間にバイトに行った。



この茶色の猫ちゃんに会ったのはこれが最後なんだけど、、何故かこの2日間この猫の事ばっかり考えていて、それから10年以上経った今でもその時の事を鮮明に覚えているしなんだか不思議な感覚が残っている。

それまで猫は苦手だったのに、その猫の事があって以来、漠然といつかは猫と一緒に暮らしたいなぁ。と思うようになった。でも引っ越しが多かったのもありなかなか縁もなく、、 で、この後は不思議な話3に続く〜〜!!


a0280185_17292981.jpg

(写真はアメリカに住んでた時のスノウ)


にほんブログ村 猫ブログへ
↑ポチっと応援してね
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
↑こっちもポチってね
[PR]
by coconutdream | 2012-06-22 17:31 | ネコの不思議

不思議な猫のはなし その1

10年くらい前に見た猫の夢と、不思議な猫の体験。


〜こっからは夢の話〜
 当時アメリカに住んでいたのだけど、一時帰国で母のマンションに泊まっていた時の事。

 夜ベランダに出て涼んでいたら、黒猫がどこからかやってきて(13階なのに!)猫でも人間でもない言葉で、でも私にはっきりとわかる声で、「中に入れてくれない?」って言った。

 ここは自分の家じゃないし、母は猫が嫌いだし、きっとダメと言われるだろうなぁ、、でもダメもとで聞いてみるね!と言って母に聞いたら、なんと

 「いいんじゃない?他に行くとこなくてかわいそうなんでしょ?」という返事。

 なんでいいって思ったんだろう?でも嬉しいなぁ、と思いながらその猫ちゃんを家の中に入れてあげる。




それまで特別猫が好きなわけじゃなかったし、というかどちらかというとアレルギーもあったし苦手だった。もちろん猫の夢なんてみたこともなく、なんでそんな夢を急にみたのか気になってすごく印象に残っていた。

そして次の日の出来事。


その当時の同居人と歩いていた時、気がついたら一匹の猫がついて来てるようだった。しかもどちらかというと、猫には懐かれた事のない私の足もとにずっと居る感じ。茶色っぽいサビみたいな柄の猫。誰かの飼い猫ではないみたいな感じ。

道を曲がったり、自分と彼の位置を変えてみたりしても、なんだかずっと私の方について来ている。

そういえば、と思い出して前日の夢の話をしてみる。けど当時猫を飼おうなんて思ったこともなく、ペットを飼えるアパートでもなかったので当然その猫を飼うなんて事は考えずに、家の前までついて来た猫をそのまま残して家に入った。

しばらくしたらすっかりその猫の事は忘れてしまったのだけど、同居人はなんか気になっていたらしく、たまに玄関の映るモニターをチェックしていたみたい。数時間経って私にモニターを見てみたら、と言うので思い出してモニターをつけたら、、、

なんとこっちを向いてその猫が映っている。彼がモニターを見た時は居なかったのに。

まぁ、それでも飼うわけじゃないし、、って気になりながらも迎えに行くわけでも会いにいくわけでもなく、そのままその日は猫の事を考えながら寝た。猫の夢をみたり、猫がくっついてきたり、猫の事を考えたり、全て初めての事。なんでこんな急に猫が現れるんだろう???ってこの時はじめて猫の事が少し気になりだした。

a0280185_235201.jpg
(↑まだ兄とアメリカに住んでいる頃のスノウの写真)

つづく。。。



にほんブログ村 猫ブログへ
↑ポチっと応援してね
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
↑こっちもポチってね
[PR]
by coconutdream | 2012-06-11 00:05 | ネコの不思議